スタッフブログ

スタッフブログ一覧へ

口内炎

みなさん、こんにちは!

歯科助手のもりもとです。

皆さん、一度は口内炎になったことがありますよね。

口内炎になった際は、薬を塗ったり、薬を飲んだら、自然に治るのを待ちますよね!

そもそも、口内炎の原因というのは、何らかの原因でお口の中を傷つけてしまい、そこに最近が繁殖して炎症を起こすこと。

栄養不足、ストレス、疲労などが原因で新陳代謝が低下してお口の中に潰瘍ができて、そこに細菌が繁殖して炎症となり、口内炎となります。

お口の中の菌が増えやすいのは、お口が乾燥している時です。

そこで、お口の中の細菌を増やさないために、ガムなどを噛むことも対処方法の一つです。唾液腺が刺激され唾液が出てお口の中が乾燥しないので、おすすめです!

その時にキシリトール入りのガムを選ぶと、虫歯予防もできますね!

また、お食事後には、殺菌成分が配合されたうがい薬でうがいをして口の中を清潔に保ちましょう!

このページの上部へ